2014年03月23日

お彼岸

昨日は、きつねの体調が優れず

入学予定高校のプレ登校をお休みして

病院に行って来ました


アレルギーが酷くなっていて

抗生剤投与になりました


夕方、体の調子を見ながら

御先祖様の納骨堂へ

彼岸参りに行って来ました



そして、今日は

にゃんこのお墓参りに

動物管理センターまで、行って来ました


マイケルの好きそうな缶詰とおやつ

お花を御供えして来ました


お参りをしながら

『そう言えば、沢山収容された黒猫

どうしたかな〜?!』

と、話したりしていました


こちらの合同慰霊碑の下には

殺処分された動物も眠っています


貰い手のつかない子の事を考えると

切なくなりますね

image

我が家のレオっちは

すくすくと育っています♪


chika_sakuyan at 23:55コメント(2)トラックバック(0)日記  

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by 整備士ママ   2014年03月26日 18:10
5 Mr.Heartsさん

ペットを亡くした時の悲しみは
家族同然の悲しみですよね

私もきつねも愛猫マイケルが
亡くなった時は、号泣しました

それから、今居る犬猫がいなくなったら
もうペットは、飼わないと
思っていました

でも、ひょんな出会いから
仔猫レオっちの里親になる事になり
やっぱり、猫が好きなんだなと
動物離れが出来ませんでした

30年ぶりのペットの猫ちゃん
家族が増えて、賑やかになりましたね!

寝ても覚めても、病気をしても
ず〜っと一緒

元気を貰って下さいね♪
1. Posted by Mr.Hearts   2014年03月26日 08:49
5
 整備士ママ様
私どもでも、ペットの彼岸参りをしました。
 愛犬が死んでから30年以上も経ちますが、
家族である気持ちは全然変わりません!

… 愛犬が死んだ後、強烈な喪失感に襲われ、
長い間、他のペットが飼えませんでした。
その切なさ、哀しさ、涙に暮れて、
ヒドイ落ち込みようでした。

 私は今、ネコを飼っていますが、
まさに、30年振りのペットでした。
悲しみが癒されるのに30年!
私のような人間は、
ペットを飼うべきではないように思えます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぽちっと応援してね
ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
病気SNS参加中
病気SNS illness
livedoor プロフィール

整備士ママ

Archives
QRコード
QRコード