2019年01月22日

心の病院&内科&卒論完成

今日は、精神科と内科の受診日でした


朝から、除雪をし、完成した卒論を

USBに保存しました


コピーする前に、誤字脱字が無いか

確認しました


題目自由、心理に関する事でしたが

「環境と人間関係」と言うタイトルに

しました


私が今まで生きて来て、感じた

自分や周囲の人の環境や人間関係により

その人の気持ちに、多大な影響を与えると

言った

私の体験談や教えられた事を書きました


卒論を書いていて、何故か涙が止まらない

過去の辛かった思いがフラッシュバック

して来るのだ


久ぶりに、こんなに泣いた

笑って過ごせる日がいつか来ると信じて

生きて来たのに、過去は変えられないのだ


でも、未来は誰のものでもない

自分で、変えられるんだ

信じられるものが一つ、あればいい


それは、私にとって、音楽なのだ

人生最強のパートナー

歌は、裏切らないからだ


いつも辛い時は、QUEENの

「手を取りあって」

きつねが昏睡状態だった時も、聞いていた


和訳 「手を取りあって」

僕が去っても戸惑う必要はないよ
僕が君のことを想えば
同じ月が輝き
同じ風が僕らに吹くだろう
時間は飾りものなんだよ
そばを離れないで

たとえ僕が去ったとしても
花は君に触れられる
新しい生命が育つんだ
咲き誇る花は知っている
僕の心を暖かくしてくれる人は
君だけだってことを
そばを離れないで

一緒に寄り添って 年月を重ねよう
愛するひと,愛するひとよ
静かな宵に 
キャンドルに炎を灯そう
僕らが学んだ教訓とともに

手を取りあって このまま行こう
愛するひとよ
静かな宵に
光を灯し
愛しき教えを抱き


もう少しだけ僕の唄を聞いて
僕が届けた想いを思い出して
夜が長くなっても
夢は生き続ける
その綺麗な瞳を閉じて
僕は君と一緒だよ
夢を見続けて

手を取りあって このまま行こう
愛するひとよ
静かな宵に
光を灯し
愛しき教えを抱き

僕が去ったとき みんなに愚か者だと
言われるかもしれない
理解できなくても
心を強くもって 自分を貫いて
僕らも 君も みんなも
いつだって全てのために

一緒に寄り添って 年月を重ねよう
愛するひと,愛するひとよ
静かな宵に
キャンドルに炎を灯そう
僕らが学んだ教訓とともに



今日は、病院の帰りに
郵便局に寄り、最後のレポートと
卒業論文の入ったUSBを速達で、送った

精神科の医師にも、お疲れさん!
と言う言葉を貰い、ちょっと嬉しかった



chika_sakuyan at 22:44コメント(0)医療・病院 | 心理カウンセラー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぽちっと応援してね
ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
病気SNS参加中
病気SNS illness
livedoor プロフィール

整備士ママ

Archives
QRコード
QRコード